30代の妊活特集!不妊や高齢出産まとめ!

 

 

こんにちは!赤司です!

 

  • 30代後半からの妊活ってもう遅い?
  • 周りからのプレッシャーが辛い・・・。
  • 高齢出産ってどのくらいリスクがあるの?

 

今現在の出産年齢の多くが30〜35歳と言われています。

 

第1子の出産年齢の平均が30代となっており、20代はまだ仕事をしていたいという方や遊んでいたいという方が多いようです。

 

 

しかし、35歳以上の初産は、出産によるリスクが高い”高齢出産”と言われています。

 

女性は30代後半になるに連れて、卵子の質が低下し数も減っていきます。

 

 

20代に比べて、30代が妊娠しづらい原因は、”卵子の質と量が低下していく”という背景からです。

 

ですが、子供を諦めなければ行けないのかと言われれば、違います。

 

実際に30代後半で出産している方もいますし、人によっては40代で赤ちゃんを産んでいる方もいます。

 

 

この記事では、そんな30代で妊活に悩んでいる方のための情報をまとめまていきます。

 

妊活に悩んでいる30代の方はぜひ参考にしてください。

 

妊活体験談#1人工授精3回目で妊娠したMさん!

妊活サプリおすすめランキングを見てみる

 

30代女性に知っておいて欲しい妊活の考え方!

 

ステップアップ

 

一般的な不妊治療にはステップアップ法というやり方が使われます。

 

これは、妊活をしている方ならわかるかもしれません。

 

  • 初めの半年から1年程度の間⇒タイミング法
  • 妊娠しない場合⇒人工授精
  • 妊娠しない場合⇒体外受精

 

徐々にステップアップしていく方法です。

 

しかし、私の個人的な考え方だとこれは30代女性、特に30代後半の方にはおすすめできません。

 

 

なぜなら、年齢が高くなるに連れて高度な不妊治療での妊娠確率が落ちていくからです。

 

高度不妊治療は一般的な不妊治療に比べて、お金がかかります。

 

 

体外受精には2,30万円、顕微授精には4,50万円程度が相場です。

 

少子化対策として”特定不妊治療費助成制度”というものがあり、治療一度につき15万円までの助成金が出ます。

 

しかし、それでも半分以上は負担しなければなりません。

 

 

ステップアップ法で順番に不妊治療を行っていけば、高度治療においての妊娠確率が下がってしまうのは問題なのです。

 

そこで、当サイトでは初めの半年間はタイミング方での自然妊娠を狙っていきます。

 

そこで妊娠しなかった場合は、高度不妊治療である体外受精をおすすめします。

 

 

まとめると、タイミング法での自然妊娠で見切りつけて、いきなり高度不妊治療を行っていきます。

 

体外受精の妊娠確率は、35歳から徐々に低下していきます。

 

ここでは、妊活での迷いを断ち切って、方向性をしっかりと見定めることが重要になります。

 

 

30代で妊娠力を高める3つの方法!

 

30代妊娠

 

30代で妊娠力を高めるための方法を3つご紹介します。

 

真新しいものではなく、一般的なタイミング法のやり方ですが、30代女性の多くが妊娠しています。

 

あくまで妊娠できる可能性を高める方法なので、全員が妊娠できるわけではありません。

 

しかし、何も考えず自然妊娠しようとするよりも確率は高くなるので、実践することを推奨します。

 

 

1.基礎体温表を記録して身体のリズムを知る

 

基礎体温表

 

基礎体温表の記録は妊活をする女性にとって最も基本的なものですが、その分有効な手段と言えます。

 

基礎体温というのは、”安静に眠っているときの体温のこと”です。

 

 

基礎体温は、月経周期に合わせて変化していく傾向にあるので、記録していくと身体のリズムを知ることができます。

 

ちなみに低温から体温が上昇した時が排卵した証拠になります。

 

 

これは、排卵後に分泌されるホルモンが体温を上昇させるためです。

 

この記録表は2〜3ヶ月ほどの間、記録しましょう。

 

 

そうすると、自分の排卵状況がわかるとともに自分の体調もわかるようになります。

 

また、基礎体温は朝目が覚めた直後に測りましょう。

 

基本的には毎日同じ時間に測り、目が覚めたら寝たまま計測できるようにします。

 

 

2.排卵検査薬で排卵日をしっかりと予測する

 

排卵検査薬は、排卵日が近づくと分泌されるホルモンに反応して排卵日を予測します。

 

妊活中の女性や不妊で悩んでいる方は、お馴染みのアイテムかもしれません。

 

 

しかし、排卵検査薬を上手く活用できているかはまた別の問題です。

 

基本的に排卵日を基礎体温表と排卵検査薬を平行して行って、排卵日を予測します。

 

この時に基礎体温表と排卵検査薬を別々なものとして扱ってしまい、記録することが目的になってしまう人が少なくありません。

 

 

この方法では、基礎体温表に排卵検査薬の結果を記録していきます。

 

両方、使っていくとでわかることもあります。

 

排卵日の正確性や自分のリズムを知ることで、より妊娠力をアップさせることができます。

 

 

3.指定日にとらわれずにリラックスして行う

 

リラックス

 

タイミング法にはいくつかのデメリットがありますが、その中の一つが指定日を決めることでのプレッシャーやストレスです。

 

行為が義務化してしまいやすく、それがストレスになってしまうことがあります。(特に男性には)

 

 

気持ちの持ち方としては、予測した排卵日前後には少し回数を増やすくらいの考えで望みましょう。

 

また、リラックスして行うことで妊娠力アップにもつながるので、雰囲気作りにも気を配ってみるのも良いです。

 

 

また、お互いにピリピリしやすくなる夫婦が多いですが、喧嘩をせずにお互いに気遣いながらが理想的といえます。

 

タイミング法は不妊治療の第1段階ですし、医師の方もリラックスして行うことを勧めます。

 

 

まとめ

 

30代からの不妊治療は、年齢の関係からステップアップ法ではなく、タイミング法からすぐに体外受精に移ることをおすすめします。

 

体外受精は金銭的な負担の大きい高度不妊治療ですが、年齢が高くなるに連れて妊娠力が低下します。

 

ステップアップしていく方法では年齢による妊娠力低下を無視した考え方ですので、不妊治療の方向性をしっかりと決めて行いましょう。

 

 

また、タイミング法をやっていくには基礎体温表と排卵検査薬の2つを同時に併用して排卵日を予測します。

 

この時、張り切りすぎずにリラックスして行うと、妊娠力アップにつながります。

 

30代女性の方は参考にしてください。

今月の売れ筋!妊活サプリランキング!

ベジママ

ベジママ


不妊に効果があるピニトールを配合。妊娠しやすい体づくりのサポートができるのはベジママだけです。妊活を始めてから3ヶ月以上経っている方や高齢出産をする方に向いているサプリになります!

ベジママの詳細を見てみる


ベルタ葉酸サプリ

ベルタ葉酸サプリ



妊活から出産まで幅広く使える葉酸サプリです。妊娠したときに不足しやすい栄養素を過不足なく配合しています。妊活から妊娠まで長く使いたい方はベルタ葉酸サプリ一択です!

ベルタ葉酸サプリの詳細を見てみる


AFC葉酸サプリ

AFC葉酸サプリ



1944円という低価格で、葉酸から妊娠に必要な栄養素を配合しています。ひとつ気になる添加物が配合されているものの、コスパを重視したい方や安くて色々な栄養を摂れるものをお探しの方はAFC葉酸サプリです!

AFC葉酸サプリの詳細を見てみる