妊活中のタバコの影響!禁煙するためのコツとは?

 

タバコ

 

こんにちは!赤司です!

 

今回は妊活時のタバコの影響と禁煙するためのコツをまとめていきます。

 

タバコは妊娠する確率にも関わってきます。

 

 

ただ、妊娠とタバコの影響と言われても、実感がわかないという方も多いでしょう。

 

妊活を考えている愛煙家の方は参考にしてみてください。

 

妊活に禁煙は必要?

 

タバコの中に入っているニコチンには”血管を収縮させる働き”があります。

 

血管が収縮すれば、血流が悪くなるため卵巣の機能が低下します。

 

また、一度機能が低下してしまった卵巣は元の状態に戻りにくく、元に戻らない場合もありますからかなり危険です。

 

 

さらに、タバコを吸い続けていれば女性ホルモンの分泌も低下するために排卵することができず、”無排卵月経となる可能性も指摘”されています。

 

排卵されなければ妊娠することはできませんから、妊活中はタバコをやめて禁煙することが必要です。

 

 

タバコの悪影響とは?

 

タバコを吸っている女性と吸わない女性の妊娠率を調べてみますと、”妊娠する確率がかなり低い”です。

 

妊活しているにも関わらず、タバコを吸っている女性は妊娠するまでに時間がかかります。

 

 

妊娠するために体外受精をした場合でも、タバコを吸っている女性は着床率が良くないため、なかなか妊娠することができません。

 

もし、妊娠できたとしても流産する可能性が高くなります。

 

妊娠したいと考えている女性は、タバコの悪影響を避けるために”禁煙生活をおくることが望ましい”です。

 

 

夫がタバコを吸っていたら?

 

タバコを吸う男性

 

妊娠できない原因は女性だけではなく男性にもあります。

 

タバコを吸っている男性の精子はタバコを吸っていない男性の精子に比べて問題が生じる可能性があります。

 

 

男性の精子を比べてみますと、タバコを吸っている男性の精子は濃度も薄く数も少なく、そして力も弱いです。

 

精子が強くなければ卵子に結びついて妊娠するには至りませんから、妊活のためには女性だけでなく、男性も同じように禁煙することが必要です。

 

女性が妊娠しやすい環境を作るためにも、二人で一緒に禁煙をすることをオススメします。

 

 

禁煙をするコツ!

 

タバコが好きな方にとって禁煙することは難しいですが、禁煙をするコツについてお話します。

 

禁煙するためには、かなり強い意志が要求されます。

 

 

自分の体のために禁煙しようと思っても、結局は欲望に負けてしまってタバコを吸ってしまうことがありますが、”可愛い赤ちゃんの顔を見るためだと思ったら我慢できる”ものです。

 

赤ちゃんという大きな目標のために、まずは自分の意志をできるだけ強くしてタバコを我慢しましょう。

 

 

それが無理であったなら、離煙パイプなど禁煙グッズに頼る、または禁煙外来を利用するという方法もあります。

 

タバコをやめることは妊活を成功させるだけでなく健康を守るためにも効果がありますから、大事な赤ちゃんのために頼れるものには頼って禁煙を成功させましょう。

今月の売れ筋!妊活サプリランキング!

ベジママ

ベジママ


不妊に効果があるピニトールを配合。妊娠しやすい体づくりのサポートができるのはベジママだけです。妊活を始めてから3ヶ月以上経っている方や高齢出産をする方に向いているサプリになります!

ベジママの詳細を見てみる


ベルタ葉酸サプリ

ベルタ葉酸サプリ



妊活から出産まで幅広く使える葉酸サプリです。妊娠したときに不足しやすい栄養素を過不足なく配合しています。妊活から妊娠まで長く使いたい方はベルタ葉酸サプリ一択です!

ベルタ葉酸サプリの詳細を見てみる


AFC葉酸サプリ

AFC葉酸サプリ



1944円という低価格で、葉酸から妊娠に必要な栄養素を配合しています。ひとつ気になる添加物が配合されているものの、コスパを重視したい方や安くて色々な栄養を摂れるものをお探しの方はAFC葉酸サプリです!

AFC葉酸サプリの詳細を見てみる