妊活ヨガのやり方まとめ!ヨガの効果からヨガポーズまで

 

妊活ヨガ

 

 

今回は妊活ヨガのやり方かや効果、ポーズをまとめていきます。

 

妊娠してからのマタニティヨガは有名ですが、妊活からヨガを始めるという人も少なくありません。

 

 

ヨガによって基礎体温を高めたり生理不順を解消したりすることが目的です。

 

今回はそんな妊活ヨガについてまとめていきます。

 

妊活ヨガを始めようと思っている人は参考にしてみてください。

 

 

ヨガの5つの効果

1.生理

 

女性のリズムを作っているのは女性ホルモンです。

 

女性ホルモンには卵胞ホルモンと黄体ホルモンと呼ばれる2種類のホルモンがあります。

 

 

この2つは脳の視床下部という部位にコントロールされていますが、ストレスなどの影響によって不安定になってしまうこともあります。

 

不安定なときにコントロールしてくれるのが前頭前野であり、前頭前野の活動を高める方法のひとつが”瞑想”です。

 

 

また生理痛に対するヨガもあります。

 

このヨガは緊張した子宮周りのをゆるめることで、血行を良くして痛みを和らげます。

 

 

2.冷え

 

ヨガは冷え対策にも有効です。

 

ヨガポーズの中には鷲のポーズというものがあります。

 

 

鷲のポーズは腹部に血液を移動させ、腹部の筋肉の収縮や内蔵によって太い血管を温めてくれます。

 

それから力を抜くと、手足に血液が流れ温かみが増します。

 

このように血行を促進することで、体温を高め冷え性対策になるのです。

 

 

3.ダイエット

 

ヨガは全身を動かす有酸素運動です。

 

実際にやってみるとわかりますが、想像以上に体を使います。

 

 

結果として遅筋が発達し、スリムで太りにくい体になります。

 

モデルや女優の方にヨガをやっている人が多いのはスリムな体を維持できるからです。

 

 

4.ストレス解消

 

運動がストレス解消になるのと同じです。

 

ただヨガの場合はストレスを感じる脳の緊張を解くというポーズがあります。

 

 

単純に「運動でスッキリ!」というものではなく、ポーズや瞑想による効果も期待できます。

 

そういう意味では一般的な運動よりもストレス解消になるかもしれません。

 

5.疲労回復

 

疲労の原因は主にストレスです。

 

交感神経が活発になってしまうことで、緊張がとれず疲労が溜まっていきます。

 

 

しかし、疲れきった状態ですと副交感神経の働きを高めることは難しいです。

 

むしろ交感神経を活発にしてから、安静にすることで副交感神経の働きが高まります。

 

 

妊活ヨガのやり方!オススメのヨガポーズまとめ

1.合せきのポーズ

 

 

合せきのポーズはかかとを合わせたポーズです。

 

生理痛を改善などの働きがあります。

 

骨盤のゆがみや緊張を取り除き、全身の血行を良くしてからやると効果が上がります。

 

 

2.開脚前屈のポーズ

 

 

足を開脚してから前屈するポーズです。

 

下腹部から骨盤周辺の血行を良くし、ハムストリングスのストレッチをします。

 

体がかたい人は無理に前屈する必要はないので、少しずつ開けるようにしていきましょう。

 

 

3.ガス抜きのポーズ

 

 

ガス抜きのポーズは便秘に有効なポーズです。

 

このポーズによって腸内を圧迫し、ガスを排出していきます。

 

 

4.鷲(わし)のポーズ

 

 

ヨガの効果の冷えでも解説した鷲(わし)のポーズです。

 

わしのポーズは手足をしぼって開放したときに温かい血流の流れを感じるのがポイントです。

 

このポーズで腹部に血液を集中させて、弛緩させたときに手足に血液が流れていきます。

 

 

5.スキのポーズ

 

 

スキのポーズは全身の血液循環を良くするポーズです。

 

足腰の血行不良が原因での疲労にも有効となっています。

 

背中から肩の緊張を取り除くことができるので、自律神経の働きを良くすることも可能です。

 

 

6.戦士のポーズ2

 

 

戦士のポーズにはいくつか種類があります。

 

その中の戦士のポーズ2を紹介します。

 

 

このポーズは下半身の筋肉を使うポーズで、交感神経を活発にすることができます。

 

副交感神経の働きを高めるためにも、交感神経を活発にすることが必要なので疲労回復にもつながります。

 

 

7.体を横に伸ばすポーズ

 

 

同じく脚の筋肉を使うポーズです。

 

このポーズは戦士のポーズよりも上半身の皮膚を伸展させます。

 

皮膚から交感神経の興奮を強力に引き起こすことができます。

 

 

ヨガをするときに必要なもの一覧

ヨガウェア

 

ヨガウェア

 

基本的にヨガはどんな服装でもOKです。

 

ヨガウェアにこだわらなくても、ヨガをすることはできます。

 

 

ただ機能性やデザインにこだわりたい人はヨガウェアをオススメします。

 

ヨガウェアはキャミソールやパンツ、スポーツブラあたりを用意できれば問題ないでしょう。

 

 

ヨガマット

 

ヨガマット

 

ヨガマットはヨガスタジオに行けば、レンタルすることもできます。

 

しかし自宅でやるときはヨガマットが必要になりますし、自分のヨガマットをもっている人も少なくありません。

 

 

ヨガマットを選ぶときは最低でも厚みにこだわるようにしてください。

 

マットが薄いと、ポーズによっては骨が痛くなることがあります。

 

最低でも6mm以上のものを選びたいです。

 

 

タオル

 

タオル

 

汗をふくためのタオルです。

 

ヨガに限らず運動をするときは用意しましょう。

 

 

水分補給用ドリンク

 

ドリンク

 

こちらもタオルと同様に運動時に必須のアイテムです。

 

夏場は塩分も不足しやすいため、スポーツドリンクをオススメします。

 

ちなみに塩分不足になると、脱水症状が起きやすくなるので注意です。

 

 

ヨガスタジオもあり

 

自宅でDVDを見ながらヨガをするのも良いですが、ヨガスタジオに通うのもありです。

 

この辺りは通いやすさや価格面を考えて、決めていただければ問題ありません。

 

ただヨガスタジオに通うときにはいくつかの注意点があります。

 

 

 

  • メイクはほどほどにする
  • どんなヨガをするのか事前に確認する
  • 食後すぐにヨガとならないようにする
  • ヨガマットはなくてもOK
  • 生理中はNG

 

 

 

ヨガスタジオによっては変わる部分もあるかもしれませんが、基本的にこのような感じになっています。

 

ヨガマットに関してはだいたい300円〜500円ほどでレンタルできます。

 

後は家の近くでも良いと思った先生の下で実践してみてください。

 

今月の売れ筋!妊活サプリランキング!

ララリパブリック


新しいママへの配慮が徹底された妊活サプリです!一度このサプリを購入してしまえば、妊娠してからも使い続けることができます!今から妊活を始める方や妊娠してからも使い続けたい方にオススメです!

ララリパブリックの公式ページを見てみる


ベジママ

ベジママ


不妊に効果があるピニトールを配合。妊娠しやすい体づくりのサポートができるのはベジママだけです。妊活を始めてから3ヶ月以上経っている方や高齢出産をする方に向いているサプリになります!

ベジママの公式ページを見てみる


AFC葉酸サプリ

AFC葉酸サプリ



1944円という低価格で、葉酸から妊娠に必要な栄養素を配合しています。ひとつ気になる添加物が配合されているものの、コスパを重視したい方や安くて色々な栄養を摂れるものをお探しの方はAFC葉酸サプリです!

AFC葉酸サプリの公式ページを見てみる